パンクドランカー観劇

1週間前、私達かやっていたKAATでの公演。

同じ演劇連盟としてはもちろん、若いイケメンがい〜っぱい出てると聞いて(ワォ!)、期待大で向かった。

 

客層が若い。

出演者か若いから当たり前か。

笹浦効果ではあるまい(笑)

 

最初、アツスギテ、いや、空調が効いていなかった訳ではない。

セリフが、芝居が熱すぎて、ついていけなかったの、入れなかったの?

 

高校生の気持ちから遠〜くに離れてしまっていて、

私、おばさんの感性になってるのかな、って。

 

その内、出演者の個性が理解出来、話が前後しながら進むと、感情移入が出来る様になってきた。

 

声質、声の通り等、気になる所もあったけど、総じて技量は及第点以上の若者ばかり。

いや!ひとりいた!

若者じゃないのが!

背中や腰に若者との歴史の差が出てて、リアル40代、いい味出てた。

 

時の流れは残酷だよ。

 

脚本家、緑さんのメッセージが、ヒトミに表れていて、笑えなかった。

(笑ったけど(≧∇≦))

 

最後の子供の話は、あくまても私の好みだけど、なくてもよかったなと。

でも、まささんの最後の言葉は良かったし、命は受け継がれていくものだ、という意味も感じられて、ありかな、とも思うが。

 

壱座の若い衆達は、観たのかな。

観て、打ちのめされて、刺激を受ければ、色んな扉が開くのにな。

と、姉貴面してみたよ^_^

 

エネルギーもらっての帰り、食べログで上位の、バンケーキと氷の店「雪ノ下」を見つけて1人カフェ。

 

皆様、残りのGW、楽しんで下さいまし。   優木かおる